好循環を生み出す
社内表彰制度を導入しましょう!

社員のモチベーションを高めるポイントは、より多くの人が表彰される機会を設けることです。
社内でユニークな表彰の項目数を自由に設定し、No.1だけでなくOnly.1も評価することで、
より多くの社員を表彰することができ、効果的に社員のモチベーションを高めることができます。
ここでは実際に行われているユニークな社内表彰をいくつかご紹介します。
ぜひ御社でもユニークな賞を取り入れて社員のモチベーションを高めてみましょう。
社内表彰case1:「大失敗賞」 太陽パーツ株式会社 賞状のイメージ
(クリックで拡大)
 工場用部品や住宅用部材を製造する太陽パーツ株式会社。「大失敗賞」は、仕事で大きな失敗をしてしまった社員を敢えて表彰するユニークな制度です。この賞には「失敗を恐れず、挑戦し続けてほしい」という社長の願いが込められており、実際に受賞者たちは、その後に大きく成長して成功を収めているそうです。仕事で失敗したときに叱責してしまうと従業員は萎縮し、前向きな行動を取らなくなってしまいますが、「笑い飛ばして、その失敗を成功に変えよう」という、従業員への愛あふれる企画として各メディアでも話題となりました。
その効果 : 社員が目標をもつようになった。
 「失敗は成功のもと」と言いますが、失敗をネガティブにとらえず、皆で次に生かそうとする前向きな考え方がこの制度に表れています。この賞を導入してから、役職に就いていない従業員でも挑戦する社内風土に変わり、結果的に業績にも好影響を与えるようになりました。
実際にあるユニークな社内表彰
社内表彰case2:「セクシー賞」 スターフェスティバル株式会社 賞状のイメージ
(クリックで拡大)
 インターネットでのお弁当&ケータリング総合モールの運営などを行っているスターフェスティバル株式会社。 同社の「セクシー賞」は、仕事に対する姿勢がすてきな社員や周囲のスタッフに良い影響を与えた社員に対し、社員たちが理由を添えて毎月投票する社内表彰制度です。受賞者には贈呈品も贈られます。
 また、セクシー賞に選ばれた社員の中から1名に「プラチナ・セクシー賞」が与えられます。「プラチナ・セクシー賞」を受賞した社員は、贈呈品のほかに受賞記念のトロフィーと自席を彩るスペシャルバルーンが贈呈されます。
その効果 : 離職率が下がり、定着化が進んだ。
 この賞は全スタッフによる投票制のため、自分が選ばれるということは周囲から「頑張っている」と認めてもらうことになり、それがモチベーションアップにつながることで、社員の離職率が低下しました。自分はこの会社に必要とされているという自覚が、定着化に結びついていると考えられます。
社内表彰case3:「笑顔が太陽で賞」他 株式会社エストコーポレーション 賞状のイメージ
(クリックで拡大)
 医療IT企業の株式会社エストコーポレーションでは、数字には反映されにくい社員の人間力を評価する11種類の賞を表彰しています。元気で明るく会社やチームの仲間を活気づかせた人に贈る「笑顔が太陽で賞」、何ごとにも主体的に行動するチャレンジ精神旺盛な人に贈られる「チャレンジ精神ピカイチ賞」、周囲の人を褒めて社員の成長を助長できる人に贈られる「褒め大臣賞」など個性的な賞が多く、毎月全社員の投票で受賞者が決定されます。表彰式では特大サイコロを振り、出た目の数に応じた報奨金が受賞者に贈られます。
その効果 : コミュニケーションが活性化した。
 日常の業務の中での姿勢を社員同士が意識し合うことで、新しい会話や繋がりが生まれ、社内のコミュニケーションが活性化しました。そのおかげでチームや部署、店舗内での結束力や信頼関係が強まり、職場全体の士気が高まることで、チームワークもよくなりました。